2010年7月8日木曜日

iPhoneでインターバル撮影をするアプリiTimeLapseとiPhoneのシャッター音を消す方法


iPhoneでインターバル撮影をする事ができるアプリを見つけたので紹介します。

このアプリ1つで写真のHDサイズの撮影からHD動画のエンコードをしYouTube等のアッロードまでやることができます。


天気が悪かったのでひどい映像ですがテストで撮影した感じはこんな風になります。




アプリのダウンロードはここ

350円ですがおすすめのアプリです。
http://itunes.apple.com/jp/app/id335866860?mt=8&ign-mpt=uo%3D6


起動画面
エンコードした動画を再生
エンコード設定画面
動画アップロード画面

撮影の設定画面
設定方法

エンコード設定画面
フレーム数を短くすると長い動画を作ることができます。
(エンコード時間が長くなります。)
YouTubeにアップロードするなら10分以内にしましょう

ビデオ解像度
大きいほど綺麗な動画になります。
(容量に注意)
音楽サウンドトラック
アプリに入っている音楽をBGMとして使うことができます。
音楽はループしません。



プロジェクト設定画面


撮影の設定画面

撮影間隔
短いほど滑らかな動きの撮影ができます。

キャプチャ停止
時間・撮影枚数で選ぶことができます。

キャプチャの画像サイズ
大きいほど綺麗な撮影ができます。
沢山の容量が必要となるので注意が必要です。
作成したい動画のサイズと同じものにしましょう





このアプリを使うときの注意点
・アプリで撮影中は電池をかなり消費します。
充電しながら撮影しましょう。
・アプリ使用中はメールや電話に出ることができなくなります。
(写真撮影の邪魔になるので機内モードにすると良いかも)
・写真の撮影は横にして撮影しましょう
縦に撮影することもできますがおすすめはしません。


iPhoneのシャッター音を消す方法

iPhoneの撮影中にカシャカシャと音がうるさいです。
このシャッター音を消すには
・イヤホンを刺す
・iPodを起動して適当な音楽を流して誤魔化す
・iPodを起動して音量を最小にする
この3つのうち1つをやればシャッター音を消すことができます。
(悪用しないように)

0 件のコメント:

コメントを投稿