2010年4月16日金曜日

PowerShot SX100ISでインターバル撮影する方法 CDHKでスクリプトを追加する方法

PowerShot SX100ISでインターバル撮影をする方法を紹介します。
導入は簡単ですが、PowerShotにCKHDが導入されている事が前提となります。
導入方法はコチラの記事を参考にして下さい。10分位で導入できると思います。
http://thebesttool.blogspot.com/2010/04/powershotsx100ischdk.html

インターバル撮影とは、一定時間に定期的に撮影を繰り返す方法の事をいいます。
繰り返して撮影した写真を繋ぎ合わせるとこんなような動画を作ることができます。


やり方
1 インターバル撮影のスクリプトを手に入れるためにサイトに行きます
http://chdk.wikia.com/wiki/UBASIC/Scripts:_Ultra_Intervalometer

Script Code (save as "ult_intrvl.bas" to your /SCRIPTS/ folder)
と書かれている所から下に点線で囲まれている部分を右クリックで

コピーします。




2 パソコンに入っているメモ帳を開きます。

先ほどコピーしたスクリプトを貼り付けます。

そして、新たに名前を着けて保存を選択

ファイル名を ult_intrvl.bas という名前にします。

もし、ult_intrvl.bas.txtになっていた場合は最後の.txtの部分を名前の変更で削除します。




3 CHDKが入っているメモリカードを開きます。

このようにファイルを開きます。

CHDK→SCRIPTS

この順番に開いたら、先ほどメモ帳で作ったファイルをここに入れます。

入れたら、SDカードを書き込み禁止(ロック)をしてデジカメに入れます。




4 デジカメに入れて、CHDKのカスタムファームウェアを読み込ませます。

そして設定画面を開きます。

(左下のボタン光る部分があるボタンを一度押します。次にメニューを押します。すると英語でメニューが表示されます。)



設定画面を開いたら
下から2番目のScripting parametersを選択します。
次に一番上のLoad script from fileを選択します。
すると、先ほど作ったファイルの名前が出てきます。
ULT_IN~1.BAS
そのファイルを選択します。


ファイルを選択するとインターバル撮影のスクリプトは読み込まれ下のほうに設定画面が出ます。
Ultra Intervalometer以下が設定画面です。

わかる範囲で説明します。

Delay 1st Shot (Mins) 一定間隔に撮影される時間を設定します。分単位の設定です。
Delay 1st Shot (Secs) 一定間隔に撮影される時間を設定します。秒単位の設定です。
Endless? No=0 Yes=1  エンドレスで撮影するか? Noなら0Yesなら1を選びます

この3つだけの設定でインターバル撮影することができます。
他の設定はよくわかんないです

好みに設定して下さい。

設定が終わったら、MENUボタンを押して設定画面を閉じます。

6 設定が終わると撮影です。
デジタルカメラに三脚をつけて撮りたいものに向けて撮影を開始します。
撮りたいモードに設定して、画質等を好きなように設定してシャッターを押せば自動的に撮影を開始します。
あとは放置するだけです。
管理人の設定は、風景モード スーパーファイン 1600×1200で撮影してます。
4GのSDをしようしているので、2000枚以上は撮影できます。
フル充電されたエネループを使用し2時間45分程度放置したら電池がなくなりました。
オートフォーカスの音がうるさいので、消音にすると良いです。
3秒の間隔の設定で3300枚撮影ができると思います。


あとは撮影した写真を繋げるだけです。
次回の更新で紹介します。

0 件のコメント:

コメントを投稿